概要

みやこキャピタルの投資

日本には、革新的でユニークな技術やサービスを武器に事業拡大を目論むベンチャー・中小・中堅企業が数多く存在します。

みやこキャピタル株式会社(以下、みやこキャピタル)は、これらの企業に不足する「ヒト=マネージメント・チーム」「モノ=事業基盤」「カネ=事業資金」の提供を通じて、人々の未来を担い持続的な発展を遂げる社会的価値創造をリードする新しいスタイルのベンチャー企業投資を行います。

みやこキャピタルの特徴と投資体制

みやこキャピタルは、以下のような特徴と強みを持つ投資と事業運営のプロフェッショナル集団です。

【会社及び投資チームの特徴と強み】

1)ベンチャー企業の経営をリードする投資パートナー

投資事業のパートナーは、全員、キャピタリストとしての豊富な実績・経験に加え、ベンチャー企業や中小企業の 経営者・取締役等を歴任した経験を有する事業家・企業家でもあります。

ベンチャー企業経営・成長支援のプロフェッショナルとして、投資先企業(ポートフォリオ)の事業価値の最大化と 投資資金提供者(出資者)の収益最大化の両方を追求してまいります。

2)バリュー・エンハンスメント

僅かなシェアの株式保有・非常勤役員派遣という名目的なハンズオンにとどまらず、能動的に事業開発、需要創造、 市場開拓、管理部門等の実務支援も行い、ポートフォリオの事業価値の最大化に徹底的に注力します。

3)強力で広範なネットワーク・パートナー

国内外の大学、TLO(大学技術移転機関)、各種研究機関及び有力な事業会社とも提携・連携し、最先端の研究開発技術へのアプローチや調査も可能な体制を構築することで、投資候補企業の発掘(ファインディング)、投資調査・審査(デューディリジェンス)から投資後の成長支援・提携支援までを一貫して積極的に行ない、ポートフォリオの事業価値の最大化を自らリードしていきます。

みやこキャピタルは、これらの特徴、強みを生かしてベンチャー企業への投資リスクを限りなく最小化しながら、 最大のパフォーマンスを獲得すべく、投資・支援育成業務を推進してまいります。

みやこキャピタルの投資戦略

【基本方針】

1) 最先端またはユニークな技術研究開発成果等を利活用しているベンチャー企業(またはこれから設立する新事業)に投資・成長支援育成を行う。
2) ビジネスフィールドは日本のみならず世界のマーケットを視野・事業計画に入れている企業であること。
3) ビジネスフィールドでNo.1のシェアを狙える企業であること。
4) 原則シェア10%程度以上の株式等を取得、企業の取締役等に就任し、企業成長の牽引・促進を積極的に行う。

【投資対象分野】

1)ライフサイエンス、バイオ分野
2)アグリ・フード分野
3)環境、エネルギー分野
4)IT・モバイル、エレクトロニクス分野
5)先端技術を利活用するニューサービス

【対象ステージ】

シード、アーリーの成長初期ステージが主な対象時期です。
但し、全成長ステージが投資対象時期であり、上場後の投資先企業や京都大学と関連のある上場企業へも投資を行うことがあります。



京都大学2号ベンチャーファンド

みやこキャピタルは、この度、国立大学法人京都大学(以下、京都大学)のベンチャーファンド事業者募集(公募)及びその審査による選定を受け、京都大学の人材・知財などの有力な資源を利活用するベンチャー企業等を主な投資対象とする新しいベンチャー企業投資ファンド(以下、京大ベンチャーファンド(2号ファンド))の募集、設立、運営を行う予定となりました。

リリース文へのリンク:
京都大学
京都大学 産官学連携本部

京都大学では、従来より、新たな知識を生み出す研究者や新事業を構想する起業家が有する創造的なコンセプトが起業を通じて具体化されることを支援していますが、みやこキャピタルでは、起業・事業成長に必要な資金の提供のみならず、会社経営経験も有するキャピタリストや経営支援専門人材が、積極的なハンズオンによる成長支援に更に注力・推進することで、京都大学の目指すイノベーション創生による日本経済の活力向上をリードしてまいります。

また、京都大学内外の研究機関やTLO及び国内外の事業会社等とも連携して、技術シーズ発のみならずマーケットのニーズを積極的に取り入れた新しいスタイルの起業・事業成長支援に向けた取組みも行う予定です。

運営会社概要

社名:みやこキャピタル株式会社
住所:京都市左京区吉田本町36-1 京都大学 国際科学イノベーション棟 2F
代表取締役:山口哲史、岡橋寛明、菅谷常三郎

プレスリリース

2016年11月28日
「みやこ京大イノベーション投資事業有限責任組合」の拡充について
プレスリリース
2015年11月30日
「みやこ京大イノベーション投資事業有限責任組合」の組成について
プレスリリース

Being truly global

チーム

山口哲史
代表取締役 パートナー

25年以上に渡り、一貫してベンチャー企業・中小企業の経営・投資事業に携わる。ベンチャー・キャピタルの㈱ジャフコ(旧 日本合同ファイナンス㈱)において、日本及び米国で投資担当者から投資部長、投資本部長等を歴任し、日本・米国・中国のベンチャー企業への投資・育成、上場・資本提携等による大きな成果を上げた。

㈱ジャフコ退職後は、日本・中国関連のメディア・流通複合企業の経営陣として、グループ企業の設立・運営を行う傍ら、 多くのベンチャー企業や中小企業の取締役や顧問としても事業構築・成長支援を実施。
また、複数の上場会社のM&Aやセカンダリー・ファイナンス等も手掛け成功させた。

経済産業省プロジェクト審査官や大手監査法人、NPO等でのベンチャー企業経営や投資・育成に関する講演多数。

横浜国立大学経済学部 卒業
東京工業大学 特任教授

岡橋寛明
代表取締役 パートナー

経済産業省にて、VCファンドなど未公開企業投資ファンドの根拠法となった「投資事業有限責任組合契約に関する法律」(投資事業有限責任組合法)及び関連金融法制・税制・会社法制の改定を主導するなどベンチャー企業振興、産学連携施策等に従事。

複数のベンチャー企業経営を経て、三井住友海上キャピタル株式会社において国内外におけるベンチャー企業の投資開発および経営支援に従事。

東京大学経済学部 卒業
コロンビア大学経営学修士課程(MBA)修了

長崎大学 客員教授

菅谷常三郎
代表取締役 パートナー

現在のジャフコアメリカ(ICON Ventures)を創業。ジャフコアメリカは全米トップ25VCとして評価され(The Top 25 VC Firms 2013, AlwaysOn)、個人としても日本人初のトップ100VCキャピタリストにランクイン(The Top 100 Venture Partners on the planet 2013, AlwaysOn)。

1999年以降、米国シリコンバレーで6つのVCファンド(総額約1,400億円)の設立・運営に携わり、全てのファンド(JAV M.A.III, JTP, JTP2, JTP3, JTP4, JTP5)のゼネラル・パートナーを務め、投資先の社外取締役、ビジネスサポート、資本政策、買収提案等を行いファンドパフォーマンスを高めた。
ジャフコの執行役員、ジャフコアメリカのPresident&CEOを歴任し、2015年よりみやこキャピタルに参画。

ジャフコ入社前モトローラ在職時は、技術部門のマネージャを歴任(デバイス設計、システム制御R&D、移動体通信R&D等)。

防衛大学校理工学部 卒業
九州大学カリフォルニア・フェロー

三澤宏之
パートナー

アカデミアでライフサイエンス分野の研究・指導に従事後、大手ベンチャー・キャピタル日本アジア投資㈱(JAIC)において、再生医療・医療機器に特化したインキュベーション型ファンドの創業期に参加、QOL(Quality of Life)・バイオ関連分野の投資責任者・ファンドマネージャーとしての運用業務に従事。

JAIC投資グループ・シニアディレクター、JAIC投資委員会メンバー。

埼玉大学大学院 修了、博士(理学)

藤戸久寿
取締役 (非常勤)

弁護士
陽来(はるき)経営法律事務所
(元警察庁、元芝経営法律事務所パートナー)
東京大学経済学部 卒業

川北英隆
監査役(非常勤)

京都大学大学院経営管理研究部教授 (ファイナンス担当) (元日本生命保険相互会社取締役財務企画部長)

京都大学経済学部 卒業

Tradition meets innovation

投資先

On founder's side

お問い合わせ

お問い合わせフォーム



rfwbs-sliderfwbs-slide